四万温泉の御案内

御案内 観光 自然 温泉 食事・特産
四万温泉

サイトマップ
リンク

四万温泉

 四万温泉のいわれは、永延3年(989)頃、源頼光四天王の1人として勇名を轟かせていた、日向守碓氷貞光が越後から上野国に越える時、夜もすがら読経をしていた。夜半の頃、どこからともなく童子が現れて、「汝が読経の誠心に感じて四万の病悩を治する霊泉を授ける。我はこの山の神霊なり。」と夢うつつにこの神託を聞いた。覚めた後、湧出する温泉を見つけた貞光は、温泉を御夢想の湯と呼び、この地を神託にちなみ四万の郷と名付けた。


古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
このサイトに関するお問い合わせは、『風のたより』 までどうぞ
四万温泉観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク